不要になったものを整理してくれる業者とは

直葬をする方法

葬儀を直葬で行う方法

お葬式をとり行ってくれる会社といえば葬儀会社があります。「一日葬」「家族葬」「一般葬」「無宗教葬」など、どこの葬儀会社も予算ごとにプランを設定しています。今もっとも人気があるのが「直葬」です。直葬とは荼毘にふすだけで儀式は行わない葬儀のことです。直葬だけをして後に「お別れ会」のようなものを開くケースもあれば、直葬だけで済ませてしまうケースもあります。 直葬は葬儀会社を利用することで出来ますが、荼毘にふすだけなので自分達で火葬場を借りてする事も可能です。しかし、葬儀会社の直葬プランなら、棺や遺影、ドライアイス、骨壺などの備品や、役所手続き、火葬場手配、納棺業務などのサービスがついてくるので便利です。

高齢化社会で需要が高まる直葬

直葬の人気が高まっているのは、経済的にお葬式をしたいという人が多くなっているのもありますが、高齢化社会になっていることも一因としてあります。 高齢化社会になって寿命が伸びたことで、男女とも亡くなる年齢がどんどん上がってきています。退職をして数十年たつと、つきあいのある友達も亡くなったり疎遠になったりしていきます。そうなってから亡くなると葬儀をしても参列する人がいないため、自然と直葬という形になります。 また、核家族化で親せきとの付き合いが薄くなっている傾向があり、葬儀を行う家族がいなくて直葬を行うケースもあります。人付き合いをしない人が多くなってきている時代です。直葬の需要はこれからも高まっていきそうです。