不要になったものを整理してくれる業者とは

トレンドを把握

お葬式のトレンドとは

お葬式など冠婚葬祭は時代を反映するものです。日本では、故人と関わりのあった方や遺族の関係者など多くの方が会葬するお葬式が一般的です。こうした葬儀スタイルは今なお強く、一般葬という呼ばれ方で定着しています。しかし、古くからあるこの一般葬も、核家族化やご近所付き合いの希薄化などが原因で、時代とともに参列者の人数が減少傾向にあります。 一般葬に対し、近年実施件数が増えているのが、家族葬や密葬といった小規模でのお葬式です。家族だけで執り行うお葬式や近い親族・故人の親友といった限られた方でのお葬式がトレンドになっています。参列者への配慮がいらず、故人を偲ぶ時間をゆっくりと取れるといったメリットのほか、葬儀費用を抑えたいという要望からこうした小規模でのお葬式を選択する方が増えているのです。

小規模でのお葬式を行うには

家族葬や密葬といった会葬者を限定したお葬式の場合でも、一般的な葬儀社に依頼をすることになります。近年ではニーズの高まりを受けて、格安でのお葬式を実現するプランなど様々なプランが登場しています。まずは周辺の葬儀社に関する情報収集から始めてみるとよいでしょう。 一方で、小規模でのお葬式ならではの準備もあります。会葬者を限定するには、参列をご遠慮頂く方にはその旨を記した文書でお知らせします。亡くなられた後すぐに知らせることもあれば、葬儀が済んだ後日に通知を出すという場合もあります。一般会葬者に対する対応のほか、親戚にも配慮が必要です。特に家族葬の場合は、親戚にも参列を遠慮頂くことになります。そのため、生前のうちから了承を得る必要があるのです。どうしてもという強い希望がある場合は、近い親族のみ出席するという例も少なくありません。いずれの場合も、みなさんで納得できる形にするためにあらかじめ話し合いが必要です。